ミドリ安全株式会社様・ミドリロジスティックス株式会社様

昭和27年創業、「安全・健康・快適職場への奉仕」を社是にかかげ、いつの時代でも働く人の安全と健康をトータルに考え、明るく心豊かな社会づくりに貢献されているミドリ安全様。

安全靴やヘルメットに代表される保護具をはじめ、ユニフォームやクリーンルーム用防塵衣などの産業安全衛生用品、空気清浄・電気集じんなどの面から、快適な職場づくりに貢献する環境改善機器。更には、独自の技術を活かした画期的な医療用具や、漏電事故防止・省電力対策の電気計測器など、「安全」を追及し続ける業界最大手のリーディング・カンパニーです。

今回は、午前中注文を受けた品物は、翌日10時までに全国200ケ所の支店/販社に届ける仕組みを構築された、同社の物流拠点である草加テクニカルセンターを訪問しました。

ミドリ安全(株)取締役 情報システム部長 黒木様、ミドリロジスティックス(株)常務取締役 松村様、取締役 樋口様に導入目的や導入効果についてお伺いしました。

ミドリ安全株式会社

所在地:東京都渋谷区広尾5-4-3
設立:1952年6月
URL:http://www.midori-anzen.co.jp/

ミドリロジスティックス株式会社

所在地:埼玉県草加市稲荷5-27-1
設立:2004年4月
URL:http://www.midori-anzen.co.jp/

緊急地震速報システム導入の目的・きっかけは?

物流センター内の様子。整然と整理された荷物。高所に荷物が積まれている。

安全用品を販売する当社は職場の安全確保に努めており、特に高所に荷物を積んでいる物流センター内の安全確保には一段と注意を払っております。
そのような中、緊急地震速報が一般に開放されるとの報道を受けて、物流センターの従業員が、地震による荷物の落下で被災する事態は絶対に避けなければならないとの経営判断で導入を決めました。

MJ@lertを選んだ理由

草加テクニカルセンター内に設置された受信端末とお客様の放送設備との自動連携。

システムの性格上、何よりも「信頼性」を重視しました。
緊急地震速報を受信するパソコンを自前で持つ方式にすると、そのパソコンが生きているか常に監視していなければならず面倒です。
これに対して、MJ@lertの受信端末は、センター側から常時監視の下で運用されるため、信頼性が高いと判断しました。
導入後、ミドリ安全側で何もしなくていいため日常の運用負荷がかからないという点も、MJ@lertを選択した理由です。
また、 MJ@lertの運用会社そのものも信頼できる会社であると判断しました。

社内での活用事例

草加テクニカルセンター内に設置したMJ@lertの受信端末と社内の放送設備を自動連携し、同じ敷地内のテクニカルセンター、物流センター、研究開発棟の従業員に通知する仕組みを構築しました。
導入後、幸運にも大きな地震が発生していないので、実際に稼働した事はありませんが、大地震が発生したとの想定の下に「避難訓練」に活用しております。

導入効果

検討時期に大きな地震が2度ほど発生しましたが、導入後に大きな地震が発生していないので現時点では導入効果は挙げられません。
それでも大地震発生時に大きな揺れの来る前に警報が出ると知っていることによる「心理的な安心効果」があると認識しています。

今後の取組み

当社には関連会社含めて工場が多数あります。ランニング費用がもう少し安くなれば、導入範囲を拡大できるのですが・・・。
本日はお忙しいところ、ありがとうございました。
取材した当日、いざという時に役立てるため避難訓練を実施され、普段から「従業員の安全を守る」ことを大切に考えていることを再認識させて頂きました。
今後の取組みついては、貴社にさらに提案できるよう努力させて頂きます。引き続きよろしくお願いいたします。

ミドリ安全様、ミドリロジステックス様への導入は、当社販売特約店であるパナソニックESネットワークス社にご協力頂きました。
今回の取材は市場開発営業部 西原様のご協力を頂き取材させて頂きました。

パナソニックESネットワークス株式会社
本社:〒105-0021 東京都港区東新橋2-12-7
設立:1989年12月1日
営業窓口:03-6402-5301
事業内容:MNCシリーズスイッチングハブを核としたECS(ECOソリューション)、SRS(セキュリティリニューアルソリューション)、IPS(IPソリューション)の3つの成長エンジンで事業展開。
さらに「グリーンIT&コスト削減ソリューション」に積極的に取組むパナソニックグループの戦略企業です。
URL:http://panasonic.co.jp/es/pesnw/

独立行政法人 防災科学技術研究所様

独立行政法人 防災科学技術研究所様

研究所で働く人たちや訪問される方々の安全を図るために導入しました。

ミドリ安全株式会社様・ミドリロジスティックス株式会社様

ミドリ安全株式会社様・ミドリロジスティックス株式会社様

地震による荷物の落下で被災する事態は絶対に避けなければならないとの経営判断で導入を決めました。

PAGE TOP