JFEコムサービス株式会社 製品/ソリューション

MJ@lert

あなたの周りの大切なものを守るため、1秒でも早く

インフォメーション

  •  2016.02.1
    【MJ@lert 展示会出展のお知らせ】
    2月24日~26日に開催される「メディカルジャパン2016大阪 第2回関西病院イノベーション展」(会場:インテックス大阪)に、三菱電機グループブース(5号館 ブース番号16-33)より出展致します。皆様のご来場をお待ちしております。
  •  2014.10.09
    【MJ@lert 展示会出展のお知らせ】
    10月15日~17日に開催される「危機管理産業展2014」(会場:東京ビックサイト)に、緊急地震速報利用者協議会様のブースより出展致します。皆様のご来場をお待ちしております。
  •  2014.09.02
    【緊急地震速報利用者協議会が主催する講演会のお知らせ】
    10月15日に、緊急地震速報講演会が開催されます。講演会の参加には事前登録が必要です。皆様のご来場をお待ちしております。
  •  2014.07.10
    【MJ@lert 展示会出展のお知らせ】
    7月16日~18日に開催される「第9回オフィスセキュリティEXPO」(会場:東京ビックサイト)に、菱洋エレクトロ株式会社様のブースより出展致します。皆様のご来場お待ちしております。
  •  2014.06.12
    【MJ@lert 展示会出展のお知らせ】
    株式会社たけびし(当社販売代理店)主催の「たけびしフェア2014」に出展致します。
  •  2013.06.27
    【MJ@lert 展示会出展のお知らせ】
    7月10日に~12日に開催される「第7回オフィス防災EXPO」(会場:東京ビックサイト)に、株式会社そごう・西武様のブースより出展致します。皆様のご来場お待ちしております。
  •  2013.05.28
    端末利用者が施す措置(消防法施行規則に対応した非常用放送設備による館内放送)一覧表を公開しました。

緊急地震速報とは

重要なのは『地震速報』ではなく、その情報を元に、どれだけ対策が取れるか、である。
いま企業は、事業の存続のみならず、CSR(企業の社会的責任)の観点から周到なBCP(事業継続計画)を準備し、自然災害などの緊急時、事業の継続・早期復旧を図ることが強く求められています。
中でも、気象庁配信の緊急地震速報を利用した『地震情報の配信サービス』の有効性が注目されています。

数秒~数十秒前に大地震の到達を知らせる 緊急地震情報配信サービス。しかし、ただ「地震が来る」ことが早く分かっただけでは、企業の資産、社員たちを守り、事業を継続させることはできません。重要なことは、地震到達までの数秒~数十秒間に被害を最小限に抑えるための対策であり、そのインフラ構築なのです。
JFEシステムズでは、緊急地震配信サービス【MJ@lert(エム・ジェイ・アラート)】を他のさまざまなシステムと連携させ、企業の事業継続のための適切な対策・行動を支援するインフラを実現します。

地震発生時、気象庁より震源や地震の規模といった緊急地震速報が配信されます。【MJ@lert】はこの速報を受け、JFEシステムズのデータセンターでお客様のビルや施設に主要動が到達する予測時間(=猶予時間)と推定震度を計算し、専用回線を通じ、情報を配信。施設内に設置された受信装置が光と音声で地震の到達を知らせます。
緊急地震情報配信サービス「MJ@lert」 イメージ

緊急地震速報に対する当社および当社親会社の取組み

三菱スペース・ソフトウエア株式会社商品紹介サイト イメージ
当社及び当社親会社が地震速報に注目したきっかけは、1995年1月17日に発生した阪神・淡路大震災です。
当時神戸地区にあった同社事業所は震災による大打撃を受け、グループ内ネットワークも甚大な被害を受けました。
当社の多くの従業員はかろうじて倒壊被害を免れた施設に泊まり込みながら、全社一丸となって懸命の復旧作業にあたりました。
その結果、他社よりも早期の復旧が実現しましたが、この震災の辛い経験は関係者に1つの事実を強烈に印象づけることになりました。

それは「1秒でも早い 地震情報があれば、被害軽減に繋がり防災に役立てることができる」という想いでした。
当社は緊急地震速報を活用した事業への進出にあたり、地震情報の解析技術の高い三菱スペース・ソフトウエア株式会社(地震動の予報業務許可事業者)と共に財団法人 鉄道総合研究所のグループ会社である株式会社ANETに出資したうえで、ANET社のシステム構築等に参画し、技術を習得しました。

そして、2006年7月、民間企業等での緊急地震速報の更なる活用促進を目指し、三菱スペース・ソフトウエア株式会社が開発した「MJ@lert(エム・ジェイ・アラート)」を 当社親会社と共同で事業化を図りました。
また、2010年4月1日より当社親会社がら事業移管をうけ「MJ@lert(エム・ジェイ・アラート)」のサービス提供を行なう事となりました。

【重要】

※「MJ@lert」は、気象庁発信の「緊急地震速報」の加工情報及び付帯コンテンツを緊急地震情報配信サービスとしてインターネットでお客様に提供する三菱スペース・ソフトウエア株式会社のサービスの総称です。
※MJ@lertは、三菱スペース・ソフトウエア株式会社の登録商標であり、当社は国内で一次の特約店(当社のみ)としてサービス提供を実施しています。

サービス概要

MJ@lertのサービスについて詳しく説明しております。

機器・設備との自動連携

各種制御機器との接続を行ない、緊急地震速報受信端末との自動連携の実績をご紹介します。

受信用回線・端末

サービスのご利用にあたって必要な回線や受信端末についてご説明しております。

保守・サポート

MJ@lertのサービスに関する保守、サポートについてご説明しております。

導入事例

MJ@lertを実際にご導入いただいた企業様の声をご紹介しております。

よくある質問

当社によせられるご質問をご紹介しております。

気象庁ガイドラインの対応状況

気象庁ガイドラインの対応状況についてご説明しております。
緊急地震速報配信サービス「MJ@lert」に関するお問合わせ
TEL:03-5823-5067
お問合わせフォームはこちら
Copyright (C) JFE ComService Co., Ltd. All Rights Reserved